メニュー

起業・資金調達・営業許可

 お金の支払

 

 

「助成金無料診断」と「経費削減診断書無料作成」サービスを実施中です。お試しください。

 

  助成金無料診断 実施中!  
 

貴社で受取可能な助成金の無料診断中です。
簡単な質問にお答えいただくだけで、

助成金の受取概算額がわかります。

 
  詳細を見る  
     
  経費削減診断書無料作成 実施中!  
 

コスト削減から御社の利益アップに貢献します。
経費削減診断書の無料作成サービス中です。

20以上の経費節減アイディアをご案内いたします。

 
  詳細を見る  

 

 

 補助金・助成金の獲得

企業経営者が悩んでいる経営課題はいくつかありますが、そのうちおおきなものは「優秀人材の確保」と「資金繰り」だと思います。特に「資金繰り」は経営者の頭の中に常に渦巻いている悩み事ではないでしょうか。

 

企業が資金調達をする方法は、まず金融機関から融資となります。しかし、融資以外に有効な資金調達の方法として「補助金」と「助成金」の獲得があります。「補助金」・「助成金」は国などの公的な資金であり、最大の特徴は返済不要ということです。

 

この返済不要の公的資金を、資金調達手段として外すことはできません。経営課題に「資金調達」があるのであれば、真剣に「補助金」や「助成金」の獲得を検討すべきなのです。

 

補助金と助成金の違い

「補助金」や「助成金」について相談したいが、誰に相談すればいいのかわからないのではないでしょうか。

実はあまり知られていませんが、「補助金」の申請支援は行政書士が専門業務として行っているのです。また、「助成金」の申請支援は社会保険労務士の専門業務になります。

弊所は、社会保険労務士と提携していますので、「補助金」と「助成金」両方の制度についてご相談受けることができます。

 

ところで「補助金」や「助成金」は聞いたことはあるが、内容がよくわからない。とおっしゃる方は多いのではないでしょうか。「補助金」も「助成金」も国や自治体の制度であり、返済不要であることが特徴です。

「補助金」と助成金」はどう違うのでしょうか。見てみましょう。

 

補助金と助成金の違い

補助金と助成金の違いは次のとおりです。

  補助金 助成金
実施主体 経済産業省、地方自治体など 厚生労働省など
補助対象事業

新技術、新製品開発のための設備投資や、販路拡大の費用など

正規雇用への転換、高齢者雇用、従業員教育、新規雇用など

対象(要件) 中小企業者(法人・個人) 雇用保険の加入者
補助上限額 数十万円~1億円 1件当たり数十万円程度
補助率 必要資金の1/2~2/3 ※補助率の概念はない
対象経費 特定の使途のみ 原則、特定されない
審査 形式要件および事業計画内容の評価 形式要件充足の確認
採択率 数%~数十% 要件充足でほぼ100%

 

ざっくりいうと、「補助金」は新製品開発や販路拡大に対する補助、「助成金」は人に対する補助(助成)であり、「補助金」は審査に通らなければ補助金を受け取ることができませんが、「助成金」は要件さえ満たせば必ず受け取ることができます。 

 

 

補助金獲得のメリット

「補助金」は返さなくてもよい事業資金を獲得するというだけではなく、採択されると次のようなメリットもあります。企業の皆様には「補助金」へのチャレンジをお勧めします。

 

 

1.返済不要で利息の負担もない資金を調達できます。

 

2.新規事業に際し返済不要の「補助金」を活用した場合、金融機関などから融資を受けるよりもリスクを低減できます。

 

3.「補助金」の申請には、完成度の高い事業計画を作成しなければなりません。他の事業者との競争に勝ち「補助金」に採択されるためには、何度も事業計画を練り直しブラッシュアップする必要があります。そのようにして作成した事業計画書は実現性が高く、実際の事業もうまくいくケースが多くなります。

 

4.「補助金」に採択されると、事業者名と事業名称が公表されます。これにより対外的な信用力が上がります。

 

 

補助金申請の注意点

「補助金」の申請をする場合、申請者が気を付けるべき注意点が何点かあります。申請者が気を付けるべき点を見てみましょう。

 

   1.「補助金」は限られた予算の中で補助するため、応募した全員が選ばれるわけではありません。

「補助金」に応募した中から選ばれる率を「採択率」といいますが、「補助金」の「採択率」は数%から数十%程度といわれています。つまり、補助金は応募者の中での競争があることを覚えておきましょう。

 

   2.「補助金」は返さなくてもよい公的な資金です。

そのため、公的な資金の支払い先として、審査者は応募者がふさわしいか審査するのです。必然的に申請書類は多くなり、その作成には大変な労力になります。

 

   3.「補助金」は後払いです。

「補助金」が採択された後でなければ、経費の支出はできません。機器等の購入資金を補助金で賄う場合、下記のような順番になります。この順番は重要です。また、経費の支出は、あらかじめ自らが用意した資金で支払う必要がありますので、機器が高額な場合、銀行から融資を受けるなどの検討も必要になります。

「補助金」の獲得は準備・申請から採択・補助金の受け取りまで数か月かかるため、例えば新規上の開始に間に合わない場合も発生します。「補助金の獲得」は、綿密なスケジュール管理が必要なのです。

 

   

(1)補助金の応募

(2)補助金採択

(3)必要な機器を購入(経費支出)

(4)補助金の受け取り

 

 

補助金の申請は行政書士officeARATAにお任せください。

「補助金」の申請は大変労力がかかる作業です。また「補助金」の採択後もフォローが必要になるため、「補助金」の申請を諦める経営者の方がいらっしゃるのも事実です。

この面倒な「補助金」の申請は行政書士 office ARATAにお任せください。

行政書士 office ARATAは経営者の皆さまと二人三脚で「補助金」申請に取り組み、「補助金」採択後もしっかりフォローいたします。

 

 

行政書士office ARATAにご依頼いただくと

 

「補助金」申請の専門家が的確なアドバイスをいたします。

行政書士 office ARATAは「補助金」申請のプロです

「補助金」採択に向け全力で取り組みます。(*採択を保証するものではありません。)

「補助金」採択後もフォローをいたします。

「補助金」採択後も事後処理が発生しますが、行政書士 office  ARATAは最後までしっかりフォローいたします。

また、ご不明・ご不安な点は丁寧にご説明いたしますのでご安心いただけます。

初回のご相談は無料です。

お気軽にご相談ください。

「補助金」支援をご依頼いただきますと、ご相談は制限なく何度でも承ります。

初回のご相談の際はご来所いただかなくても、担当者がご指定の場所までお伺いいたします。

日時、場所をご指定下さい。

お打ち合わせ時間は1時間程度でございます。

担当者訪問の際、お客様のご住所が大阪府内・兵庫県内の場合、交通費は不要です。

ご相談の際は、担当者がご指定の場所までお伺いいたします。

大阪府・兵庫県内の交通費はいただきません。

ただし、交通費無料は片道1時間以内に限らせていただきます

 

  

 

 

 

最新記事