メニュー

事業再構築補助金の公募が開始されました。 - 大阪のビザ申請と起業支援なら行政書士 office ARATA

お知らせ

事業再構築補助金の公募が開始されました。

カテゴリ: お知らせ 公開日:2021年03月27日(土)

3月26日、大型の補助金である「事業再構築補助金」(以下「本補助金」とします。)の公募が開始されました。本補助金は最大で1億円が受け取れる補助金です。

 

なお、同日、本補助金の公募要領も発表されています。申請をご検討の皆さまは、自社で検討している「事業再構築」が補助対象になるのか、要件を満たすのか等を把握するため、公募要領で確認することが必要です。

 

公募要領はこちらから

 

 

本助金の公募スケジュール

本補助金の公募スケジュールは次のとおりです。

〇公募開始 3月26日(金)

〇申請受付 4月15日(木)予定

〇応募締切 4月30日(金)18:00

 

公募期間は1か月程度と、とても短く、申請準備を急がなければなりません。

申請には「認定経営革新等支援機関」(以下「認定支援機関」とします。)と共に策定する「事業計画」が必要になります。そのため、「認定支援機関」との綿密な打ち合わせが必要になりますし、補助額が3000万円を超える場合は、「事業計画」の策定に金融機関を加えなければならないため、しっかりとスケジューリングすることが必要です。

 

また、本補助金の申請は電子申請のみとなっています。

電子申請には、「GビズIDプライムアカウント」(以下「アカウント」とします。)の取得が必要です。「アカウント」の取得は2~3週間かかるため、未取得の方は、大至急「アカウント」の利用登録をする必要があります。

 

GビズIDプライムアカウントの利用登録はこちらから

 

 

本補助金の概要

本補助金の概要は次のとおりです。

 

■本補助金の目的

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売上の回復が期待し難い中、本補助金は、「ウィズコロナ・ポストコロナ時代」の経済社会の変化に対応するために、思い切った「事業再構築」に意欲のある中小企業等の挑戦を支援するものです。

 

本補助金は、事業拡大につながる事業資産(有形・無形)への相応規模の投資を含むものとされ、主に「建物の建設・改修等」、「機械装置の購入等・システム構築等」、「技術導入等」に対し補助されます。

 

なお、「事業再構築」とは、「新分野展開」、「業態転換」、「事業・業種転換」、「事業再編またはこれらの取組を通じた規模の拡大等」をいいます。

 

本補助金を申請する場合、自社の「事業再構築」の取り組みが、本補助金が定める「事業再構築」に該当しなければなりません。そのため、「事業再構築」が何を意味するのかを掴むことが重要になります。「事業再構築」については、「事業再構築指針」および「事業再構築指針の手引き」で詳しく説明されていますので、申請前にしっかり読み込んでください。

 

事業再構築指針はこちらから

事業再構築指針の手引きはこちらから

 

■補助対象者

中小法人、中堅企業等が対象です。なお、個人事業者も対象となります。

 

■補助対象要件

本補助金の補助対象事業となるためには、次の要件の全てを満たす必要があります。

       
1 事業再構築要件 事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であること。  
売上高減少要件 申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年または2020年1月~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少していること。  
認定支援機関要件

「事業計画」を「認定経営革新等支援機関」と策定すること。

なお、補助金額が3000万円を超える場合は、「認定経営革新等支援機関」および金融機関(金融機関が「認定支援機関」であれば当該金融機関のみで構いません。)と策定していること。

 
付加価値額要件 補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均 3.0%以上増加、または、従業員一人当たり付加価値額の年率平均 3.0%以上増加する見込みの「事業計画」を策定すること。  

 

認定経営革新等支援機関の検索はこちらから

 

■補助額および補助率

補助額および補助率は次のとおりです。

 

【通常枠の場合】

企業規模 補助額 補助率  
中小企業等 100万円~6000万円 2/3  
中堅企業等 100万円~8000万円 1/2(4000万円をこえる部分は1/3)  

 

なお、「通常枠」の他、「卒業枠」、「グローバルV字回復枠」、「緊急事態宣言特別枠」が設けられています。

 

「卒業枠」とは

「事業再構築」を通じて、資本金または従業員を増やし、3年~5年の事業計画期間内に中小企業者等から中堅・大企業等へ成長する中小企業者等が行う「事業再構築」を支援するものです。補助額は6000万円~最大1億円です。なお、すべての公募回の合計で400社限定となっています。

 

「グローバルV字回復枠」とは

「事業再構築」を通じて、コロナの影響で大きく減少した売上を V 字回復させる中堅企業等を支援するものです。グローバル展開を果たす事業であることが必要です。補助額は8000万円~最大1億円です。なお、すべての公募回の合計で100社限定となっています。

 

「緊急事態宣言特別枠」とは

令和3年の国による「緊急事態宣言発令」により深刻な影響を受け、早期に「事業再構築」が必要な「飲食・サービス業」、「宿泊業」等を営む中小企業等を支援するものです。補助額は100万円~最大1500万円(従業員5名以下は最大500万円、従業員6~20名以下は最大1000万円)です。