メニュー

経営サポート情報VOL.236 「コロナ融資の返済猶予期間を延長するための2つの方法」 - 大阪のビザ申請と起業支援なら行政書士 office ARATA

詳細情報

経営サポート情報VOL.236 「コロナ融資の返済猶予期間を延長するための2つの方法」

カテゴリ: 資金調達・経営支援 公開日:2023年01月11日(水)

皆さまに資金調達に関する情報を「経営サポート情報」としてご提供しています。今回のテーマは「コロナ融資の返済猶予期間を延長するための2つの方法」です。

 

2023.1.11 経営サポート情報 VOL236

 

 新型コロナウイルスの影響で売上が激減し、資金繰りが苦しくなった事業者のほとんどは、日本政策金融公庫や信用保証協会の保証つきでコロナ融資による資金調達を行いました。


そのおかげで当面は資金繰りが改善されたものの、影響が長引いて売上が以前のように戻らず、再び資金繰りが難しくなっている事業者が増えてきました。

今後コロナ融資の返済が始まると、なおさらキャッシュフローが厳しくなります。

 

そんなコロナ融資の返済に悩む事業者が返済猶予期間を延長するための方法について解説します。

   

詳細は「2023.1.11 経営サポート情報 VOL236」をご覧ください。