メニュー

経営サポート情報VOL.202 融資を成功に導くために、あらかじめ 担当者に伝えておくべき情報 - 大阪のビザ申請と起業支援なら行政書士 office ARATA

詳細情報

経営サポート情報VOL.202 融資を成功に導くために、あらかじめ 担当者に伝えておくべき情報

カテゴリ: 資金調達・経営支援 公開日:2021年08月07日(土)

皆さまに資金調達に関する情報を「経営サポート情報」としてご提供しています。今回のテーマは「融資を成功に導くために、あらかじめ 担当者に伝えておくべき情報」です。

 

2021.8.10 経営サポート情報 VOL202

 

事業者が融資を希望すると、金融機関の担当者は「融資稟議書」を作成します。

その融資稟議書が支店内の関係者及び支店長、本部の審査を行う部署に回覧された後、認否が決まります。


申請した融資の認否に直接関わるのが、融資稟議書の出来。担当者の力量が融資結果の原因(のひとつ)であることは、

間違いないでしょう。つまり通りやすい融資稟議書作成には担当者の力量が重要。
とはいえ現在の金融機関で通りやすい稟議書を書ける担当者は、ほんのひと握りです。きわめて多くの取引先を抱えて忙

しい担当者が大半で、事業者へのヒアリングの経験も、またそのための時間も十分に持っていません。

だから融資を成功に導くには、事業者からの情報提供は必要不可欠です。
今回は、担当者に提供すべき8つの情報についてお伝えします。

 

詳細は「2021.8.10経営サポート情報 VOL202」をご覧ください。