メニュー

経営サポート情報VOL.197 政府系金融機関による【実質無利子・無担保融資】は、2021年末まで延長となります - 大阪のビザ申請と起業支援なら行政書士 office ARATA

詳細情報

経営サポート情報VOL.197 政府系金融機関による【実質無利子・無担保融資】は、2021年末まで延長となります

カテゴリ: 資金調達・経営支援 公開日:2021年05月25日(火)

皆さまに資金調達に関する情報を「経営サポート情報」としてご提供しています。今回のテーマは「政府系金融機関による【実質無利子・無担保融資】は、2021年末まで延長となります」です。

 

2021.5.25 経営サポート情報 VOL197  

  

「民間金融機関による実質無利子・無担保融資」制度が2021年3月31日で終了したため、現在、実質無利子で借入を行う場合、日本政策金融公庫と商工中金の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」しかありません。


この「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の申請期限が6月末までとなっていましたが、新型コロナウイルスの感染長期化に対応し中小企業の資金繰り支援を継続するため、2021年末まで延長になります。

 

■【新型コロナウイルス感染症特別貸付】とは

【新型コロナウイルス感染症特別貸付】は、売上の減少など一定の条件を満たせば、公庫の国民生活事業では6千万円、中小企業事業では3億円、商工中金では6億円までは3年間、国からの利子補給があるので、実質無利子となる制度です。日本政策金融公庫・商工中金合わせて2021年5月20日までに、合計11万件実施されています。

 

詳細は「2021.5.25経営サポート情報 VOL197」をご覧ください。