メニュー

資金調達サポート - 大阪のビザ申請と起業支援なら行政書士 office ARATA

詳細情報

資金調達サポート

カテゴリ: 資金調達・経営支援 公開日:2020年10月26日(月)

金融機関からの資金調達や資金調達に関して弊所がご提供するサービスについてご説明しています。

 FINANCE

 

資金調達サポートについて

クライアント様から「資金調達の相談先がない」とよくお聞きします。資金調達について「顧問の税理士の先生に聞くこともあるが、よくわからないと言われることが多い」ともお聞きします。税理士の先生は税務の専門家であり、必ずしも資金調達の専門家ではありません。税理士の先生の中には資金調達に詳しい先生もいらっしゃいますが、全員が詳しいわけではありません。

 

ご注目いただきたいのが行政書士です。

ご存じでない方が多いのですが、行政書士は公的金融機関からの融資や補助金申請などの資金調達の専門家なのです。行政書士は営業許可業務や会社設立などとともに、資金調達を通じて中小企業の皆様の経営を支援しています。

 

弊所は公的金融機関や民間金融機関からの融資獲得、補助金申請・助成金申請の支援など資金調達のすべてをワンストップで行います。※助成金の申請は提携の社会保険労務士が行います。

また、資金調達や補助金の申請に必要な事業計画書の作成など、資金調達に関わるあらゆるお困りごとを解決いたします。資金調達のご相談はぜひ当事務所にお問い合わせください。

 

 

 

融資獲得サポートについて

 企業経営者にとって最も重要な経営テクニックの一つが銀行などからの融資獲得です。企業経営は資金繰りをベースに行うべきです。そのために銀行からの融資をスムーズに行うことができるか否かは企業の存続を左右するといっても過言ではありません。

しかし以外と銀行からの融資獲得の方法がわからないとおっしゃる経営者も多いものです。

 

 

資金調達の種類

資金調達といってもいくつもの種類があります。大きく分けると次の3種類です。

 

資金調達手段 特徴
間接金融

いわゆる金融機関からの融資制度です。主な融資制度は次のとおりです。

〇日本政策金融公庫など政府系金融機関からの融資

〇信用保証協会の保証付き融資(自治体の制度融資を含む)

〇民間保証会社の保証付きの融資

〇銀行、信用金庫、信用組合のプロパー融資

〇ノンバンクからの融資

直接金融

〇中小企業投資育成株式会社からの融資

〇ベンチャーキャピタル(VC)からの融資

〇個人投資家(エンジェル)からの融資

〇少人数私募債による資金調達

助成金・補助金

国や自治体、財団などが行う資金補助であり、原則返済は不要です。

応募対象、応募期間などの要件が決められています。特に補助金は申請しても全員が認められるわけではありません。しかし返済不要であり活用したい資金です。

  

一般的に企業の皆様が利用する資金調達手段として、直接金融は少しハードルが高くなりますので、「融資」や「助成金・補助金」が主な資金調達手段になります。

 

また、「融資」や「助成金・補助金」については資金を必要とする理由や時期、金額や借入条件など、どの制度で資金調達するか金額はどれくらいにするかなど検討が必要になります。

 

 

銀行の融資担当者が気にする7つのチェックポイント

銀行への融資申し込みに際し、銀行担当者は次のような点をチェックします。

逆に考えると、チェックされるポイントについて、きちんと説明ができるように準備しておかなければなりません。

 

 

1.融資の申し込み額

2.貸付利率

3.実行予定日

4.貸出期間

5.資金の使途

6.返済財源

7.担保や保証人の有無   

   

資金額や資金使途を明確にし、そのためにいくら借りたいと銀行にしっかりと説明します。資金使途については、設備資金は説明しやすいのですが、運転資金は仕入費、外注費、人権費などを根拠をもって説明する必要がありますし、その他返済期間、返済財源などを説明することになります。

 

 

事業計画書の作成

融資に成功するかどうかは気になるところです。融資成功のポイントは当然のことながら決算書の内容によりますが、銀行担当者がどれだけ融資申込み企業の情報を持っているかも影響するものです。

 

しかし、銀行担当者が企業の情報をすべて把握しているわけではありません。そこで、融資を希望する企業は、銀行担当者に自社のことを知ってもらうため、情報提供資料として「事業計画書」を作成すべきなのです。

 

銀行側が事業計画書の提出を必須とすることは少ないと思われます。また事業計画書の作成は面倒かもしれませんが、確実な融資獲得のためには「事業計画書」の作成をおすすめします。

 

 

 

資金調達のことは当事務所におまかせください

資金調達にお困りのときは弊所にご相談ください。弊所がご提供するサービスは次のとおりです。

 

資金調達支援サービス 資金調達に関するコンサルティングを行います。
金融機関同行サービス 融資の申し込みや、月次の事業報告書の銀行への説明などの銀行訪問時、同行いたします。
事業計画書作成支援サービス 融資申し込みに必要な事業計画書の作成を支援いたします。
月次事業報告書作成サービス 毎月の事業報告書を作成いたします。
成長支援フォローサービス 事業計画書をもとに、事業の成長のためのフォローをいたします。

 

なお、これらのサービスは全て有料です。ご要望があれば見積書を作成します。ぜひご相談ください。